千葉県我孫子市の着付師です。出張着付け・出張着付教室承ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お茶席での着付けでは、
座ってもはだけないように上前を深めにあわせますね。

確かに立ったり座ったり、そして膝でにじったりと忙しい…。


襟元は帛紗・懐紙などの出し入れで崩れがちなので、
これも気をつけないと。


それときつい裾つぼまりにすると、
歩きにくいし座っていて疲れやすいのでほどほどに。


他に腕を動かしやすいように適当なゆるみも必要ですね。


でもそれ以上に気をつけたいのは、やはり補正ではと思います。

胸元は少なめにしないと、帛紗・懐紙などで気がつけば巨乳に…。(^_^;)

そして後腰の補正の位置は、普段より高めに。

座ってひんぱんにお辞儀したり、お点前で動いているうちに
お腹や腰に押されて上目になったお太鼓の垂れの下から補正の形がくっきり…。(>_<)
なんてなりかねません。(はい、経験者は語る~(^^;))


お茶席では前以上に後姿は注目され目立つので、
お太鼓の形・大きさにも気を配りたいと思います。


思いつくままにつらつらと書いてみましたが、
他にも注意点がありましたら、是非お教えください。



ランキングに参加しています。
お帰りの際ポチッしていただきますと励みになります。ヾ(^v^)k ウレシイ…

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
関連記事

【2012/06/17 08:56】 | 着付けの仕事
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。